静かな坂道

登るも下るも静かな坂道がいい

残念ながら、登れませんでした。

いや、正確には「登りませんでした」でした。

 

今日は、先月に登りきれなかった「金峰山」に

再度挑戦する予定で、日曜の晩に出発。

 

 

中央道・須玉で降りて、瑞牆山荘を目指して北上。

 

予定では途中の「みずがき湖」辺りで車中泊

と思っていたのですが、

あまりの暗さと人気の無さにビビっちゃって、

瑞牆山荘の上にある駐車場まで行くことにしました。

 

 

しかし、湖から先の道は、

さらに細くて暗くてクネクネで・・・。

 

ガードレールと道の間の隙間とか、

ヘッドライトに照らされた木々の間とか、

「お願いだから変なものが映らないでぇ」

と祈りながら走っていると、

道のど真ん中に鹿ファミリ〜!

 

それも結構な頻度で鹿ファミリ〜に出会っちゃって、

出会うたびに、心臓がキリキリッとしてすでに疲れちゃいました。

 

 

23時ごろに駐車場着。

 

5台のクルマがすでに止まってて、

そろ〜りと入って駐車。

 

 

エンジンをオフにすると、静か!

 

時折、シカが鳴いてる。

 

で、就寝。ちょっとすると、雨の音・・・。

 

 

天気予報では午前中はなんとかなると思っていたのですが、

朝、起きた時も重い雲で覆われてて、

気持ち、トーンダウン。

 

正直、昨晩の雨の時点で、気持ちが切れていましたから、

朝も5時ごろに起きていたのですが、ダラダラして、

駐車場の周りをブラブラして、

クルマに戻って、またゴロゴロして。

 

 

止まっていたクルマも、

人がいる気配がなく、

昨晩は富士見平小屋か金峰山小屋に泊まったのでしょう。

 

 

というわけで、帰りました。

 

帰りは本谷川(支流?)沿いに、

新緑の中をのんびり下り、

増富ラジウム温泉郷経由で帰りました。

 

▲昨晩は真っ暗で何にも見えなかったみずがき湖。天気が良かったら、色々とキレイなところだと思います。

 

 

みずがき湖からさらに南下する途中、

雲の中に南アルプスオベリスクがうっすら確認できました。

 

 

 

来週こそ、金峰山に再挑戦です。

久々の表尾根・三ノ塔

最近、内ももが痙攣したり

ふくらはぎが攣ったりして、

足の筋肉の状態があまり良くなくて、

たまに行く長津田整骨院で診てもらいました。

 

 

すると、「筋肉、張りすぎです」とのこと。

 

 

半年ぐらい前に診てもらった時も、

「ストレッチと、マッサージをしてください」

と言われ、やっていたつもりが、全くできていなかった様子。

 

 

「特に左足が尋常じゃないです」とのことで、

確かに左足の内ももが痙攣して、

ものすごく痛くなることが多かったのです。

 

いずれにしても、

「ウチはグリグリやるスタイルではないので」とのことでしたが

「今日はグリグリします」とのことで、

ヒーヒー言わされてしまいました。

 

おかげでさっぱりしたものだから、

来週狙ってる「金峰山」に向けて、

足の調子を診に、丹沢・表尾根を歩いて

三ノ塔まで登ってきました。

 

 

 

表尾根は菩提峠から取り付き、まずは二ノ塔へ。

 

ちなみに表尾根は

ヤビツ峠の北側にある「菩提峠」と「塔ノ岳」を結ぶ尾根。

 

見晴らしが良くて気持ちいいのですが、

とにかくアップダウンがきついのです。

 

個人的な意見ですが、

ルート上で一番キツく感じるのは

スタートの菩提峠から二ノ塔へ至るルート。

 

この菩提峠から二ノ塔のルートを10とすると、

ニノ塔から三ノ塔は6。

三ノ塔から烏尾山は4。

烏尾山から行者岳は3。

行者岳から新大日は5。

新大日から木ノ又大日、

そして木ノ又大日から塔ノ岳は3、といったところ。

 

逆に塔ノ岳からのルートで言うと、

きついのは烏尾山から三ノ塔。

それでも7程度(とも思ってます)。

 

なので、表尾根で塔ノ岳を目指す場合は、

初めのピーク、ニノ塔までのルートで、

如何に足に無理をさせずに、

体力を温存させるかにかかっていると思うのです。

 

塔ノ岳まで歩くときは、いつもそのように考えて歩いてます。

 

 

 

で、割と手軽に表尾根を楽しみたいのであれば、

菩提峠から三ノ塔がオススメです。

 

しかも今まで通行止めになっていた、

宮ヶ瀬ーヤビツ峠の県道70号線が

3月末より通れるようになったので、

これからも手軽に行けるようになって、

本当に嬉しいのです。

 

というわけで、ニノ塔までヒーヒー言って登り、

三ノ塔で気持ちのいい、本当に気持ちのいい景色を眺め、

その気持ちのまま、帰路につきました。

 

 

おかげで、いつも帰路で痙攣を起こしていた太ももも、

今日は問題なし。

 

来週の山行に向け、コンディションを整えていきます。

 

▲登り初めてすぐに急な登りです。途中、岩場も現れます。二ノ塔までは本当にきついのですが、振り返ると景色は最高にいいのです。

 

▲咲き乱れている、という状況ではありませんが、スミレやツツジ、(それぐらいしか知らない・・・)その他にも可愛い花が咲いていました。

 

▲私が好きなブナと山椒。丹沢では多く見られます。

 

▲二ノ塔からの富士山もキレイ! ここからちょっと下がってから、急な登り階段が三ノ塔まで続きます。ただし、階段なので、私にはとても嬉しいのです。

 

▲本当に気持ちのいい景色でした。

 

▲三ノ塔から北西へ目を向けると、烏尾山山荘(写真左下の方)から斜め右上方向に表尾根が伸びているのがわかります。さらに写真の真ん中より少し右、稜線上に見える建物が木ノ又小屋。そこから左へ、一番高い山が塔ノ岳。「仏山荘」が見えてます。

 

 

※あまり細かいことは言いたくないのですが、今も「外であればどこでタバコを吸ってもいい」と思っている方がいます。あの臭いを嗅ぐと、ガッカリしちゃうんですよね。何とかならないものですかね。

 

 

 

グラベル求めて「新治」と「寺家」へ

仕事の関係で、

ゴールデンウィークとは言え連休は2日〜4日。

 

そんなGWど真ん中の日程(しかも3日間!)では

遠出する気にもなれなくて、

でも天気がいいから、出かけないわけにはいかず・・・。

 

 

なので、NICASIOに新しく買ったイスと、

行動食やスポーツドリンクを積んで、

出かけてきました。

 

 

今日のテーマは「谷戸」です。

 

程々の距離の場所に

「新治(にいはる)市民の森」と

「寺家ふるさと村」という場所があります。

 

先日、町田の小野路の走ったことから、

谷戸」的なところが気になっていて、

あわよくば、グラベルも走れちゃうかも、と思い、

Googleマップで緑の濃いところ、を探し、

見つけたところがこの2箇所でした。

 

自宅からだと、ぐるっと回っても40kmほど。

 

 

まずは、東工大の裏にある「飯縄神社」。

横浜市緑区の高尾山にあって、

ここからの眺めはなかなかのもの。

 

 

いつもの丹沢はもちろん、北側には秩父の山並みも望めます。

 

高尾山、なのに、自転車で上まで登れます。

▲標高100mの横浜市緑区の高尾山。頂上にある飯縄神社からの眺めはなかなか。おススメです。

 

ここのすぐ下には東名が走っていて、

ニュースでやっていた通り、大渋滞!

横浜町田インター辺り。混んでます。上空には報道のヘリが飛んでます。東名を越えると、とてもいい感じのグラベルが!

 

 

でも久々の大渋滞シーンを見て、

戻ってきたぁ! な印象でした。

 

 

 

▲霧ヶ丘の街路樹。雲が夏っぽい!

 

 


そして、緩やかながらもアップダウンの多い霧ヶ丘を抜け、

早々に新治に到着。

 

ここはいわゆる“谷戸”で、

三方を樹木が生い茂る丘に囲まれ、

奥にある湧水ポイントから水田や畑に水を引き、

その周りに人々の暮らしがありました。

▲「新治 市民の森」。日常に無いものが、ここにはたくさんありました。

 

 

続けて行った「寺家」も谷戸なのですが、

ただしここは、新治とは違って、

広い道があり、食べるところもあって、

当然訪れる人も多く、

ちょっとせわしない雰囲気。

 

緑が濃い里山に囲まれ、田んぼがあって、水車があって、と

風景こそ和み要素が多いのですが、

人やクルマ、オートバイが多くて、

居心地が悪かったのです。

 

▲「寺家ふるさと村」。雰囲気はいいのですが、人が多くて驚きました。

 

 

いずれも、グラベルはあっても、

自転車で走れるような場所でありませんでしたが、

静かな時に、もう一度訪れてみたいとは思いました。

 

帰りは恩田川沿いの道を走りました。

毎日食べたい「かつおめし」

鰹節と真昆布の一番出しで炊いたお米で作ったおにぎり、

かつおめし」

 

最近、ほぼ毎日食べてます。

個人的な好みで恐縮ですが、

ホントに美味しいんです。

 

ひと口目から、出汁の香りと味が存分に味わえ、

さらに具には、ちょっと濃い味の鰹節が

たっぷり入ってます。

この感じが、ホントに美味しい!

 

言葉や写真では伝わりにくいと思いますが、

ホントに美味しいのです。

 

今度の山行には、絶対持っていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もグラベルロードでぐるっとひと回り

本日は月一恒例のお墓参り。

 

場所は多摩霊園。

ばあちゃんたちが眠ってます。

 

 

 

今日は天気がいいということで、

張り切って早朝に出発・・・、

したのですが、結構な霧!

 

昨日の雨で地面が冷えたからでしょうか。

 

国道16号線から町田に入って、

なお霧が濃くなった印象でした。

 

ちょっと面白い写真が撮れるかと思って、

ルート途中の薬師池公園へ向かったのですが、

霧は間も無く晴れてしまって、視界良好。

 

でも、せっかくなので薬師池公園に立ち寄りました。

 

先月とは比べものにならないほど、緑の濃さが増していて、

とても綺麗でした。

 

しかし、朝7時前だというのに、

元気のいい年配者が多かったこと(自分も含めて)!

 

 

 

 

さて、ここから先、

小野路辺りからしばらくは登坂です。

 

 

しかも、トンネルをくぐる手前から、

若いサイクリストが私を抜いたもんだから、

ちょっと熱くなっちゃって。

 

 

年配者の悪い癖。

 

いつもとは違うペースで走っちゃったもんだから、

登り切る頃にはヒーヒー。

 

気を付けないといけませんね。

 

 

 

その後は蓮光寺坂上より是政橋まで下り、

無事、多摩霊園に到着。

東京オリンピックのロードレースで有名になった「是政橋」です。白い主塔が青空に映えます。

 

多磨霊園内でのワンカット。夏っぽい!

 

お参りを済ませ、

まだ時間も早かったので、

多摩霊園内にある「みたま堂」に立ち寄らせていただきました。

 

ここは遺骨の長期収容施設(30年!)。

 

写真のドーム内部には、「霊堂ホール」があって、

自分の語彙力では表現できない異空間が広がっています。

 

ただ荘厳であることは間違いないと思います。

 

 

みたま堂を出た後は、

甲州街道大國魂神社を経由して、

今日は帰路につきました。

▲ここも東京オリンピックのロードレースで話題となった「大國魂神社」。参道を多くのロードレーサーが走る様は、圧巻でしたね。

 

 

大國魂神社の南側には、東京競馬場があります。競馬場入り口の手前にある居酒屋は人情味溢れるお店が多いと評判です。

 

 

途中、小野路の山に入って、

またしてもヒーヒーになっちゃいましたが、

かなりアグレッシブでびっくり!

 

オフ主体のタイヤに履き替えたくなりました。

 

 

今日は初夏の陽気で身体がまだ慣れていなくて、

汗だくになってしまいました。

着替えは1枚では足りません。

今朝のテレ朝、モーニングショー

毎朝8時から、テレ朝のモーニングショーを見てるのですが、

今日(21日)はちょっと違和感。

 

 

タクシー運転手が暴行を受けた内容のリポート。

 

タクシーに乗り込んできた酔っ払いの3人が、

運転手への暴言を繰り返し、

暴力まで振るう始末。

 

 

しかし、そこに至るまでの運転手の対応に、

ちょっと違和感・・・。

 

 

お客様に対して、

声が小さい、

返事がない、

ふてくされてるような物言い、

お客様を否定するような返答。

 

酔っ払いのお客様も始めのうちは

「なんかトゲがあるなぁ」なんて

運転手を揶揄していたのですが、

結局、運転手の対応にヒートアップしてしまいました。

 

 

 

決して暴言、暴行を容認するわけではありませんし、

正直、そんなことをする方々は“さらす”べき、

とも思うのです。

 

 

ただ、そのタクシーの運転手も

「私の対応も悪かったかも。猛省しています」

とのことでした。

 

ホント、その通りだと思います。

 

 

サービス業なのに、あの対応はマズイですね。

 

 

 

確かにひどいお客様でした。

 

でもひどいお客様、というのは、

初めからひどいお客様ではないのです。

 

こちらの対応次第で、いいお客様にも

ひどいお客様にもなるのです。

 

 

 

中には、初めからひどいお客様もいるのですが、

その場合は毅然とした態度で臨んでいます。

本日はサイクリング日和でした

日差しは強いけど、風が冷たくて、

半袖で走るには少し寒いかな、ぐらいのこの時期。

 

オートバイや自転車で走るには、最適な時期です。

 

というわけで、今日も寒川神社往復の、のんびりサイクリングを楽しみました。

 

漕いでいて、本当に気持ちよく、

さらに道すがらには、季節感たっぷりの

草花が散りばめられていて、とても穏やかで

しかも豊かな気持ちにさせてくれます。

 

往復約45kmのサイクリングは、

身も心も豊かにしてくれるのです。

そしてこれ以上ロングになると、

身も心もやられてしまうのです。

 

 

▲菜の花! 気分が上がる黄色です。

 

▲海老名の三川公園の奥に、散策道ができていました。突き当たりにはこんな気持ちのいい広場が!

 

▲相模大堰管理橋。奥に見える丹沢の山々は、ちょっと雲がかかって怪しい雰囲気。

 

圏央道の真下を走る自動車道路、なのですが、車が走っているところは見たことがありません。

 

▲寒川さんに到着です。今日も寄り道ばかりで、かなり時間がかかりました。それにしても、寒川さんはいつ来ても美しい! 表現は違うかもしれませんが、浮世離れしてます。

 

▲ゴージャスな雰囲気の八重桜も、今年はそろそろ見納めです。

 

▲田んぼの土にチッ素を取り込むために必要なレンゲ。そろそろ田おこし。レンゲも見納めです。

 

▲今日は日食フーズ座間店の「からあげ弁当」です。正直、年配の方向きではありませんでした😭