静かな坂道

登るも下るも静かな坂道がいい

今シーズン最後の新戸!?

先週、パニアバッグを手に入れました。

 

フロント用です。

 

タープとか着替えとか、

軽量ながら嵩張るものを積載。

 

リア用にはシューズ入れのようなバッグを手に入れ、

火器類やペグなど、重量物を積載。

f:id:unknown555:20210720211112j:plain
f:id:unknown555:20210720211208j:plain

▲ベージュのカバンはコットです。両サイドのパニアバッグと合わせて10kgほど。リアは7kgほど

 

食料用として、

合わせてリュックも担ぎました。

 

というわけで、いつもの新戸キャンプ場へ向かいました。

 

 

フロントにはパニアバッグとコットを積載。

重量はちょうど10kg。

 

リアのキャリアには7kgほど。

 

Z-LITE、タープポール、火器類の入ったバッグ、

そしてbaja400ソロテーブル。

 

自転車と装備を合わせると、約30kg。

 

う〜ん、重い。

 

  

でも、スペックほど重さを感じなかったのは何故でしょう?

 

確かにフロントヘビィなので、

ステアリングをクイックに動かすような場面は不利ですが、

普通に走る分には、妙な安定感がありました。

 

漕ぎ出しは重いけど、

スピードに乗ってしまえば、

なんというか、しっとりした乗り味。

 f:id:unknown555:20210720212059j:plain▲見た目ほど漕ぎは重くなかったです。

 

 

新戸キャンプ場ぐらいの、

距離やコースならではかも知れませんが・・。

 

 

 

 

そして、新戸キャンプ場。

 

本日は割と空いている様子。

 

管理人さんも「ちゃんと日陰を探しなよぉ」と。

 

 

と言われても、私が泊まる場所は決まっていて、

最上流側のスペース。

f:id:unknown555:20210720210901j:plain

▲いつもの最上流ポイントです。トイレと水場が遠いのが難点。 

 

それにしても、暑かった!

 

川のそばだろうが、木陰だろうが、

関係なく暑い!

 

 

着いてから何もする気になれず、

道志川にしばらく(1時間以上!)足を浸けてクールダウン。

f:id:unknown555:20210720210925j:plain

 

これが効きました!

 

 

 

でも、しばらくはここでのキャンプは無理ですね。

次は9月ぐらいでしょうか。 

とにかく、暑すぎる!

 

 

ちなみに今日は、タープの下に蚊帳を張りました。

蚊帳の中にはタープ、テーブル、その他。

なかなか快適でした。

 

f:id:unknown555:20210720211324j:plain

 

自転車でお墓参り

今日は、毎月恒例のお墓参りを

自転車で行ってきました。

 

 

場所は多摩霊園。

 

 

片道約30km。

 

 

ルートは平坦ではありませんが、

道志辺りに比べれば、さほどキツくはありませんでした。

 

f:id:unknown555:20210706223621j:plain
f:id:unknown555:20210706223643j:plain

▲多摩霊園と東京競馬場。 

 

それにして、ここまで自転車で走ることが好きになるとは、

思いもしませんでした。

 

自分の中でこんなに盛り上がっている理由が

全くわかりません。

 

分からなさすぎて、恐怖さえ感じてしまいます。

 

何かの前兆なのか・・・。

 

 

 

来週は渋峠です。

 

天気が心配ですが、大丈夫でしょう。

 

ところで、

あまり関係ない話なのですが、

自転車で走った後に、よく食べるのがコレ↓

f:id:unknown555:20210706223703j:plain

ハマってます。

 

 

 

そんなお願い事をされても・・・

会社帰り寄ったスーパー。

 

短冊にお願い事を書いて、

笹の葉に飾ってあるのは、

この時期の風物詩のようなもの。

 

 

そのお願い事にショッキングなものが!

 

f:id:unknown555:20210706223600j:plain



 

コロナ禍でやることが

そんなにイヤ?

 

というか、このお願い事って、

誰が叶えてくれるものなのでしょうか?

一見さんだから仕方ありません

数人で走った先々週、

その次の週は、

今度は「花屋食堂」目当てで走りました。

もちろん、ソロです。

 

着いたのは11時半ごろで一番乗り。

 

この前もそうでしたが、

とにかくメニューが多く、

なんだかやる気満々な店だなぁ、

という印象なのですが、

オーダーした時の女将さんの返事は、

どちらかというとその対応は

「面倒くさいなぁ」といった印象。

 

 

だったら、メニューをそんなに多く設定しなきゃいいのに、

と思うのですが。

 

 

で、本日もオーダーすると、やはりそっけない返事。

 

 

それもこの店の味、なんだろうな、

と思っていたところに、もうひとりご来店。

 

「あれぇ、●●さん、久しぶりぃ!」って、

めちゃめちゃフレンドリィ!

 

「この前●●が来てくれてさぁ・・・」と、

お客さんと話し込んじゃうほどフレンドリィ!

 

 

つまり、自分はまだ、

お客さんとしては認識されてないってことですね。

 

 

また、来ます!

f:id:unknown555:20210706223433j:plain
f:id:unknown555:20210706223502j:plain

▲今日のルートは

橋本→津久井湖→三ヶ木→青山→道志みち→牧馬入り口バス停→鳥屋地域センター→はなや食堂

f:id:unknown555:20210706223532j:plain

 

初めてのグループツーリング

同僚と休日の過ごし方の話になり、

「私は最近、自転車ばかり乗ってますよ」

と話したところ、同僚が

「実は半年ぐらい前に自転車(クロスバイク)を買ったんですが、

まだ出かけたのは一度だけなんです」と。

 

 

じゃあ、一緒に走ろうか、という話になり、

先週、私が走ったコースを提案したところ、

ではそこで、と。

 

当日は同僚が呼んだ違う部署の2人と合流し、

なんと! 4人で走ることに。

 

自分のペースで楽しみたいから、

山登りにしても、もちろん自転車にしても、

今までひとりで行動してきました。

 

それが突然のグループツーリング。

 

 

でも、実は楽しかったです。

 

同じようなパワーの連中なので、

休憩タイミングなども一緒。

 

休憩(コンビニですが)のたびに会社のことやら

上司の愚痴やら、

なんか飲み屋の会話みたい。

 

 

気にはなっていたけど、

ひとりでは入れなかった

半原の「花屋食堂」も堪能!

 

多彩なメニューになかなか決められない4人でしたが、

久々の会食も楽しめました。

 

 

走りの面でも、

前に誰かがいたり、

あるいは後ろに誰かがいることで、

特に登り坂では

ひとりで走る時よりもパワフルに走れました。

 

 

ひとりじゃないツーリングも、

たまにはいいかも知れません。

 

f:id:unknown555:20210622203245j:plain

▲帰りは途中からソロに。圏央道下の田園風景が見事でした。

 

ちなみに今日も50km走りました。

この距離にも慣れました。

 

渋峠の前に、1本ロングを走りたいです。

往復80kmぐらいを目指しましょう。

 

渋峠に行こうと思ってます

流石に自宅からはキツいと思うので、

草津のスキー場あたりからチャレンジする予定です。

 

距離は18kmぐらいだそう。

 

 

 

18kmの登坂路って、想像つきません。

 

YouTube見ても、今ひとつつかめません。

 

 

というわけで、

今日は服部牧場あたりまでの、往復50km。

 

走り堪えのある坂道が多く、

渋峠へのステップと考えました。

 

 

ちなみにNICASIOは昨日、

横浜のお店で1ヶ月点検を終え、

さらにちょこっと調整もしてもらっていて、

すこぶる調子がいいです(気分?)

 

 

途中、田植えが終わった広大な田んぼでひと休み。

 

静かです。

f:id:unknown555:20210615220057j:plain

 f:id:unknown555:20210615220118j:plain

 

 

f:id:unknown555:20210615220134j:plain

▲今日も暑かったです。中津川の河原は立ち入り禁止なので、今日は川の上でひと休み。川の近くは涼しくて気持ち良いです。橋の袂にあるお肉屋さんのコロッケがうまいです。


その後もヒーヒー言いながら登坂路をこなし

帰りは通称“ビッグレッド”を登って帰りました。

 

 

ビッグレッドとは

オーストラリアのシンプソンデザートの東端にある

高く聳える砂丘

 

カフカの砂でトラクションがかからず、

私が行った時も、結局登りきれず、迂回しました。

 

 

その見た目とは全く違いますが、

雰囲気だけビッグレッド

 

写真ではそれほどでも・・・ですが、

かなりキツいです。

f:id:unknown555:20210615220202j:plain

▲通称“ビッグレッド”。距離はそれほどでもありませんが、きつかった。ロードバイクの方々は、グイグイ行くのでしょうね。



さらに写真では全く分かりませんが、

実はこの時、坂の下に白バイがスタンバッテます(ヘルメットが見切れてます)。

 

上から猛スピードで下ってきて、

平地になってもスピードを落とさない輩を

パクッてます。

 

 

写真を撮っている間にも、

1台、オートバイがパクられてました。

 

 

イヤな感じです。

今回も新戸キャンプ場

前回はR16を北西へ橋本方面へ行き、

橋本からは津久井湖経由で新戸キャンプ場へ向かいました。

 

津久井湖からはキツい坂が2本。

 

坂のキツさもそうですが、

車が多く、道もそんなに広くないので、

自転車走行は少々気が引ける道です。

 

 

というわけでは今回は、

橋本までは同様、そこから先は、

「新小倉橋」経由で行ってやろうと。

 

新小倉橋はクルマでも走ったことがない道。

だから、どんな状況かは全く知りません。

 

 

 

で、走ってみてちょっと後悔・・・。

 

 

新小倉橋まではよかった!

 

道幅も広く、何よりずっと下り坂!

 

 

 

でも私、下り坂って、ちょっと憂鬱な気分にもなるんです。

 

 

下り坂はとても爽快です!

 

「でもこれって、次は登るんだよなぁ」って気持ちになります。

 

 

 

案の定、新小倉橋から先は、坂道が!!!!

 

登り初めは5%!

 

途中、緩くなるとはいえ、約3kmの坂道でした。

 

 

登り切って平坦路を約2km走ってR413に合流。

 

そして、ここからまた登り坂!

 

 

 

漕ぎ初めて間もない初心者には、堪えました!

 

新戸キャンプ場までは 片道約35km。

 

今度は新戸キャンプ場より先のキャンプ場を目指したいのですが、

価格面、規模、施設など、

なかなか新戸を超えてくれるようなキャンプ場が見つかりません。

(何しろ、自転車で1泊1,600円!)

 

漕ぐ力が付いてくるまでは、

しばらくは新戸でお世話になろうと思います。

 

 

しかし、今回は暑かった!

 

そろそろ蚊帳スタイルでもいけそうです。

 

 

暑いけど、荷物が減って、それは嬉しいですね。

 

f:id:unknown555:20210608213249j:plain
f:id:unknown555:20210608212823j:plain

今日は長めのポールを持ってきて、その下にメッシュのテント、

その横にグランドシートを敷いてお座敷にしました。



 

f:id:unknown555:20210608212920j:plain

夏空です

 

f:id:unknown555:20210608212941j:plain
f:id:unknown555:20210608213003j:plain
f:id:unknown555:20210608213023j:plain
晩ご飯はコンビーフの炊き込みご飯。お米(1合ぐらい)に水を張り、コンビーフをドボン(左)。豪快に立ち上がった湯気が消えて10分ほどしたら、火から下ろして約10分ムラします。本当は出来上がりにバターを入れたかったのですが、忘れました。キャンプ場に生えていた山椒の葉っぱをON(右)。

 

f:id:unknown555:20210608213108j:plain

100均で買った鉄板で、ソーセージとベーコンブロックを焼きました。うまい!!

 

f:id:unknown555:20210608213217j:plain
f:id:unknown555:20210608213159j:plain
f:id:unknown555:20210608212850j:plain

早速お客様が。ひとり目はカゲロウ。ふたり目はコクワのメス。

3人目はコロギス(多分)。

 

f:id:unknown555:20210608213131j:plain

キレイな夕空。雲が多くて、星はボチボチでした。