静かな坂道

登るも下るも静かな坂道がいい

雪の大山はやはり、きつかったです。

新型コロナウィルスに感染しましたが、

無事、2月8日には陰性となり、

先週から、普段通りの生活が始まっています。

 

咳がなかなか治らなかった事も辛かったのですが、

何より、味覚がゼロになったことは、

本当に焦りました。

 

「後遺症として味覚障害が出る」との報道もあったので、

この先“美味しい!”を感じずに生きていくのかと思ったら、

とにかくショックでしたが、

幸い、味覚は元通り!

 

ひと安心です。

 

 

 

そんな中、

10日の降雪での雪山登山は叶わなかったのですが、

13日深夜の降雪に期待を込めて、

14日、大山に行ってきました。

 

 

多分相当な積雪だろうと思い、

いつもの日向薬師方面からだと体力的に不安があったので、

ヤビツ峠からのアプローチを考えました。

 

 

しかし!

ヤビツ峠へ向かう県道70号線は

蓑毛から北は通行止め!

f:id:unknown555:20220215160844j:plain

▲蓑毛のバス停より。ここから先、ヤビツ方面へは通行止めとなっていました。早々に日向薬師方面へ移動です。

 

ヤビツ峠の積雪が多くて、今日中の開通も難しいですよ」

との情報もあり、急いでいつもの日向薬師方面へ向かいました。

 

駐車場に止まっているクルマは2台。

もちろん、駐車場は積雪あり。

f:id:unknown555:20220215161203j:plain

▲駐車場にもこんなに雪が!

 

ここにこれだけ積もっているとなると、

上は相当積もっている、ということ。

 

期待半分、不安半分で歩き出しました。

 

勝五郎さんがいる雷峠までは、

積雪はあるものの、3センチ程度。

f:id:unknown555:20220215160850j:plain
f:id:unknown555:20220215160913j:plain

▲左:登山道入り口までの林道にも積雪。右:雷峠までの道はこの程度。

 

しかし、そこから積雪は一気に増えて、

10センチ程度となり、

土の地面が見えなくなりました。

 

f:id:unknown555:20220215161250j:plain
f:id:unknown555:20220215161229j:plain

 

見晴らし台から先は、言わずもがな。

 

先行者が踏み跡を付けてくれたからこそ歩ける道。

 

積雪によって

階段であろう道は斜面に変わり、

うっかり踏むと、腰まで埋まる深さ!

f:id:unknown555:20220215162133j:plain
f:id:unknown555:20220215162154j:plain
f:id:unknown555:20220215162158j:plain

▲左:見晴らし台も椅子が埋まるほどの積雪。中:積もった雪で、枝が道にかぶさっています。かなり歩きにくい。ザックにレインカバーは必至です。右:真ん中より少し左側に踏み跡が! 助かります。

 

唐沢峠への分岐から先は、

さらに積雪量アップ!

 

踏み跡が無かったら、

私にとっては絶対に引き返すコンディション。

イオニアの方は、どうやって進んだのか?

パワフル過ぎです!

 

そのパワフルさ、羨ましい限りです。

 

f:id:unknown555:20220215162205j:plain
f:id:unknown555:20220215162249j:plain
f:id:unknown555:20220215162258j:plain

▲左:唐沢峠への分岐手前。薄日に照らされた相模湾が望めました。中:「大山の肩」のあたりは、腰あたりまで雪がありました。右:枝に付いた雪が、前日の風の強さを物語っています。

 

頂上には、この積雪を楽しんだヘンタイな方々が

数名、和んでいました。

 

天気はもっと回復するかと思いましたが

薄日が刺す程度。

f:id:unknown555:20220215162308j:plain
f:id:unknown555:20220215162354j:plain
f:id:unknown555:20220215162357j:plain

▲左:今日はさすがに、頂上のリニューアル工事もお休みです。中:頂上西側からは表尾根越しの富士山がくっきり! 右:頂上東側の広場には、ヘンタイな方々が和んでました。

 

風も強く、寒さも厳しいので、

着替えを済ませ、軽く食べて、

早々に引き返しました。

 

見晴らし台まで降りて、

お腹が空いてたら、そこで食事にしましょう。

 

 

 

今シーズン、雪の大山を楽しめるのは

今回が最後かもしれません。

 

もちろんチャンスがあれば、

再度、楽しみたいですね。